2010年05月13日

動画うp

残念ながらまだ生きてます。バルバロの人(中略)です。

ぜんぜん更新してないのにアクセス数は増えています。「ゲーム 楽譜」で検索したらかなり上位に来てしまっているようで・・・対策しないと知らないうちに消されてしまいますね。

さて、今月は4ヶ月ぶりに動画をうpしました。今回もマニアックなクラシックです。

アルカン 3つの勇壮なエチュード 第1番

アルカン 3つの勇壮なエチュード 第2番

アルカン 3つの勇壮なエチュード 第3番

アムラン トリプル・エチュード

アルカンの3つの勇壮なエチュードです。個人的にとても好きな曲なんですが、録音がスミスのしかないので不満だったのでうpしました。3番は一番好きな曲だけに・・・撮り直したいorz

アムランのトリプルエチュードもうpしました。やっぱり反応いいですね。・・・テンポが遅いからゴド木枯らしよりは簡単だろうと思ったら全然簡単じゃなかったorz 実際にうpされた演奏のあと、ろくなものがとれなかったと絶望していたんですが、今こうやって動画で見るとそこまでミスは目立ちませんね。


短期間に弾く曲詰みすぎました・・・。1曲にかかる練習時間がどんどん少なくなっていく。
しかし大学卒業までに何とか弾けるものは弾かないと・・・。





せっかくなのでいつもの動画撮影風景を書いてみようと思います。




いつも録音しているのは都内の某スタジオです。これなら録音のとちゅうで宅急便がチャイムを鳴らすこともありません。

ピアノはスタインウェイ。ただ、ピアノは弾きにくいのであまり好きではないです。鍵盤が重い・・・だから騎士も一応いれたけどうpしてません(・・・というか最近HDD吹っ飛んだんでまた元テープから探さないと・・・残ってるかどうか・・・。)

ではなぜこのスタジオかというと、コンデンサマイクとミキサーを1000円で貸してくれるからです。たぶん自分で買うよりは安い。まあ動画をうpするにあたっては全然関係ないんですが。

四畳半あるかないかのタコ部屋です。この部屋に閉じこもってひたすら課題の曲を弾きます。時間が限られてるので非常にあわただしいです。せっかくのスタインウェイを楽しむ余裕なぞなく、ひたすら鑑賞に耐えられる演奏を録音しようと躍起になっています。当然
大きなミスは許されないので非常に追い詰められて弾いてます。





そういえば、わざわざここをみるようなアルカンファンには常識なんでしょうが、イギリスのアルカン協会はレスリー・ハワードが会長になったんですよね・・・。

これは生誕200周年を記念して彼が全集を録音するというフラグか・・・。彼ならやりかねない。音質はアムランのままで、スミスとマルタンを足して2で割ったようなものを予想。
posted by バルバロの人と呼ばれてる人 at 23:11| 日記